作家

竹内栖鳳 動物のにおいまで表現した!?近代日本画壇の巨匠がすごい

投稿日:

 

竹内栖鳳(たけうち せいほう)は、明治から昭和にかけて活躍した日本画の巨匠です。

 

幕末に生まれ、文明開化によってもたらされた西洋絵画の波を受けた栖鳳は、従来の日本画を問い直し、新しい日本画の姿を提唱しました

 

この記事では、巨匠・竹内栖鳳の何がすごいのかどこが新しかったのかどのような作品を残したのかを、ていねいに分かりやすいように解説します。

 

スポンサーリンク

まずは栖鳳の作品を見てみましょう

 

まずはともかく、竹内栖鳳の作品をご覧いただきます。

ギャラリー形式になっているので、気になる作品はクリックして広げてみてください。

 

 

 

スポンサーリンク

栖鳳の生涯を簡潔にご説明します

 

竹内栖鳳は、1864年に京都に生まれました。

料亭を経営する家の唯一の男児でした。

 

当時の常識では、栖鳳は家業の料亭を継ぐはずです。

ですが、絵画の魅力に染まりきってしまった栖鳳は、絵画の道を選択しました

 

まずは13歳の時、近所の画家・土田英林のもとに学びます。

そして17歳の時、有名な日本画家・幸野楳嶺の画塾に入門しました。

栖鳳は優秀な塾生で、師匠の楳嶺から期待されるようになりました。

 

1887年、栖鳳が23歳の時、楳嶺の画塾から独立します。

とはいえいきなり人気の画家になって大忙し、とはならず、淡々と描き続ける日々が続きました。

 

栖鳳の作品は斬新すぎたため、初期には批評家たちから酷評されることになります。

しかし徐々に作品は認められ、1899年にはパリ万国博覧会に作品を出品するまでに至りました

 

栖鳳にとっての大きな出来事は、1900年のヨーロッパ渡航でした。

西洋という異文化を肌で感じ、分析し、得たものを日本画制作に反映させました。

 

帰国以降は数々の名作を描き、高く評価され、京都で日本画を教えたり、展覧会の審査員などを務めました。

 

1942年、生涯の幕を閉じました。

 

 

スポンサーリンク

栖鳳は日本画の何を変えたのでしょうか

 

竹内栖鳳は、従来の常識をあらためて問いなおし、新しい日本画の姿を提示しました

ここでは2つのポイントを解説します。

 

師匠を徹底的にまねるだけの学び方を変えた

日本画を目指す人は、師匠の作品をそっくりそのまま再現できるようにならなければなりませんでした

 

師匠から与えられたお手本通りに描くことが求められ、よりお手本に近ければ近い作品を描けるほど優秀な絵師だとされました。

 

しかし栖鳳は、師匠のお手本ではなく、実際に描こうとしているモティーフを徹底的に観察し写しとる「写生」が重要であると考えました。

 

たとえば獅子、ライオンを描いたときのこと。

お手本上の獅子は、唐獅子がほとんどでした。

 

狩野永徳
唐獅子図屏風

 

ですが栖鳳は、1900年のヨーロッパ渡航の際に、本物のライオンを写生したのです。

帰国後は、持ち帰った写生や写真をもとにして作品を描きました。

その結果がこちら。

 

1902年
大獅子図

 

見事にライオンを表現しています。

 

異なる流派の描き方を併用した

従来の日本画では、狩野派なら狩野派の描き方、四条派なら四条派の描き方、といったルールがありました。

 

狩野派に所属している絵師が四条派の方法で描くのはご法度

ましてや、ひとつの作品で狩野派の描き方と四条派の描き方の両方を使うなんて、言語道断です。

 

しかし、栖鳳はやりました

 

1892年に発表された「猫児負喧」では、狩野派など3つの流派の描き方が取り入れられています

この作品は酷評され、栖鳳は「鵺派(ぬえは)」と批評されました。

 

とは、古くから日本に伝わる不気味な妖怪です。

栖鳳の作風は、妖怪に例えられてしまったのです。

 

それでも栖鳳は、閉鎖的な日本画壇を変えようとしました。

流派ごとの決まりきった描き方に固執するのではなく、もっと自由に表現できる世界を目指したのです。

 

 

スポンサーリンク

栖鳳作品の魅力

 

では、栖鳳の作品の魅力はどこにあるのでしょう。

ここでも2つのポイントに焦点を当てて解説します。

 

おもわず触れたくなるような質感の動物画

栖鳳の描いた動物は、特に質感の表現が優れています。

 

たとえばウサギ。

もこもことした毛並み、柔らかいからだの表現は、ふと手を伸ばして触れたくなってしまいます。

 

1939年
宇佐幾

 

栖鳳は生き物を描くことを好みました

ウサギだけでなく、鹿、虫、魚など、あらゆる生き物をモティーフに描きました。

 

自宅の庭では生き物が飼われており、栖鳳は丹念に写生し作品に反映させました。

 

そんな栖鳳の動物画の中でも最も有名なのがこちら。

1924年に発表された「班猫」です。

 

1924年
班猫

 

この猫も栖鳳が飼っていた動物のひとつ。

 

群青、緑青、金泥で描かれた瞳が緊張感を表しています。

一方で、姿勢は猫のしなやかさそのものが描かれています。

毛並みも、ふわりとした猫の触感が伝わってくるようです。

 

栖鳳が描いた作品のなかでも優れたものといえるでしょう。

 

新しい色彩

栖鳳の作品には、それまでの日本画とは異なる色彩が用いられています。

たとえばセピア

 

ヨーロッパ渡航の際に持ち帰ったとされるセピアの絵の具は、新しい色彩をもたらしました。

実際に、ライオンを描く際に、セピアに金泥を混ぜて使用したとされています。

 

 

スポンサーリンク

おすすめ関連書籍

 

竹内栖鳳の画集でもっともおすすめなのがこちら。

安心の別冊太陽です。

 

 

解説の充実ぶりは言うまでもなく、図版の大きさや印刷状態が非常に良いのです。

 

ライオンなどは、1ページ全体を使って、一体のライオンの顔を掲載されています。

写生を重ねて実物に迫った栖鳳の肝が伝わってくる図版です。

 

解説が分かりやすく、お値段もお手頃な方がよければ、こちらがおすすめです。

安心の「もっと知りたい」シリーズですね。

 

 

図版の大きさも小さくなく、解説も分かりやすく、バランスが整った1冊です

 

 

以上、竹内栖鳳のご紹介でした。

最後までお付き合いいただきありがとうございました♪

 

記事の更新情報をTwitterでお知らせしています

-作家
-,

Copyright© ぷらりあーと , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.