美術史知識

酒井抱一 有名琳派絵師の生涯、代表作品、逸話を豊富な図版で解説!

更新日:

 

酒井抱一(1761~1829年)は、繊細に、しかし時には豪胆に、洒脱な美しい作品を描いた琳派の代表絵師です。

美術史の観点からは「琳派」を確立した超重要人物と言えます。

 

この記事では江戸琳派の祖・酒井抱一をご紹介しています。

図版あり。

面白いエピソードあり。

私がとても好きな絵師のひとりなので、その魅力がお伝えできたら幸いです。

 

琳派の全体像についてはこちらの記事で解説しているので併せてどうぞ。

琳派とは?代表的な絵師や作品、特徴、歴史などを図版と文で徹底解説

 

 

スポンサーリンク

代表作品

 

まずは抱一の代表作を5点ご紹介します。

作風を感じてみてくださいね。

 

風人雷神図屏風

 

秋草鶉図屏風

 

十二ヶ月花鳥図(9月)

 

桜図屏風(右隻)

 

燕子花図屏風

 

迫力ある風人雷神図や、洗練された草花図が印象的ですね。

 

では、作品を見ていただいたので、抱一の解説に入ります。

 

 

スポンサーリンク

生涯略歴

 

名門武家の生まれ育ち

 

酒井抱一は1761年に江戸で生まれました。

 

酒井家は姫路藩の大名家であり、幕府の老中まで輩出した名門中の名門です。

石高なんと十五万石。

お坊ちゃま、というわけです。

 

抱一は次男でしたが、支配階級の名家の一員として相応しくあるべく、ひと通りの教育を受けました

教育は武芸のみならず、和漢教養、茶道、書画などの文化的な教養も含まれています。

 

 

名門武家の放蕩次男

 

抱一は名門武家の生まれでしたが、次男でした。

それもあってか、若き日の抱一は数々の享楽にふけることができました。

 

遊郭、料亭、俳諧、狂歌などなど枚挙にいとまがありません。

……うらやましい限りです。

 

1777年に兄の息子、つまり酒井家の未来の当主が誕生したことで、次男坊抱一はますます身軽になって享楽の道に進んでいくことになります

 

 

放蕩次男、美人画にハマる

 

1780年代頃、抱一は二十代です。

この頃は美人画をよく描きました。

 

浮世絵木版画の図案は制作しませんでしたが、肉筆の美人画を好んで描いていたようです。

 

当時著名な歌川豊春に学び、武家の教養の域をはるかに超えた、極めて優れた作品を残しています。

 

文読む美人図

 

 

着物の流れ、美人のしぐさ、余白の使い方や空気感……

とても素敵に仕上がっていますね。

 

ですが、享楽趣味は、政治によって危機を迎えます

「白河の清きに魚も住みかねてもとの濁りの田沼恋しき」

という狂歌を学生時代に習ったかと思います。

 

そう、文化と賄賂の田沼政権が幕を閉じ、「寛政の改革」として豪奢な文化を敵視した松平定信が老中になったのです

1787年のことでした。

 

浮世絵も、文芸も、統制の対象になりました。

 

その影響は抱一にも及んだと考えられます。

 

名門次男の放蕩はいかがなものか

という空気によって、抱一は美人画制作から離れることになりました。

 

 

出家

 

1797年、37歳の時、抱一は出家します。

 

武家という枠組みから解放され、金銭を充分に与えられたため経済的にも困らない。

一応「権大僧都」という格式ある名前ももらった。

出家したのだから節度は保たなければならないものの、ある程度の自由はある。

望んでいたわけではないけれども、まあまあの処遇でした。

 

抱一は絵画制作の地盤を手に入れたのです。

 

1829年、抱一は逝去します。

 

 

スポンサーリンク

尾形光琳への熱烈な愛

 

抱一が尾形光琳に傾倒していくのは1800年頃のことでした。

 

尾形光琳は、俵屋宗達のはじめた琳派を、ひとつの様式として確立させた人物です。

※ 尾形光琳についてはこちらの記事で解説しています

尾形光琳 琳派の基礎をつくり後世に大きな影響を与えた絵師をご紹介します

 

抱一は徐々に、この光琳風の絵画を描いていくことになります。

 

興味深いのが、光琳への傾倒が絵画の世界だけではない点です。

光琳についての研究をし、更に現代で言う「オタク」的な行動も起こしていくのです。

 

光琳オタクの放蕩次男坊。

いいポジションですね。

 

抱一のオタク行動は「光琳百図」と「緒方流略印譜」、そして「光琳百回忌」が代表的で重要でしょう。

 

まず「光琳百図」

抱一が見た光琳の作品を集めたもので、個人が作る画集としては初めてである点に意義があります。

 

「緒方流略印譜」は、落款や略歴をまとめた出版物です。

光琳だけでなく、琳派の祖である俵屋宗達から始まる数々の絵師の情報琳派の絵師として記されています。

これによって、尾形光琳流、つまり琳派の系譜がまとめられたのです。

 

そして「光琳百回忌」

これぞまさにオタクです。

 

抱一は、光琳の命日6月2日に毎年法要を行っていました

現代のオタクが、お気に入りのキャラクターの誕生日を祝うのに通じるものがありますね。

 

光琳オタク・抱一の極みは「光琳百回忌」。

光琳没後100年の祭りとして、光琳百回忌という一大イベントを主催します。

この光琳百回忌、当時の文化人が多数招待され、少なくとも100名が参加したとされています。

 

抱一は、百回忌にちなんで100の絵画を描いて配ったり他の絵師から作品を募ったりしました。

これは美術史の観点からすれば、光琳の作品を百集めて展示するという個人が主催したある絵師に関する大展覧会であった点に意義があります。

先ほどの『光琳百図』や『緒方流略印譜』も、この百回忌に合わせて作成されているのです。

 

実際本当に百点集まったのかは定かではないものの、前代未聞の大イベントであったことは間違いありません。

光琳への愛が伝わってきますね。

 

 

スポンサーリンク

関連記事・書籍

 

冒頭でもご紹介しましたが、このサイトには琳派の全体像を解説した記事があります。

琳派とは?代表的な絵師や作品、特徴、歴史などを図版と文で徹底解説

 

酒井抱一についてもっと知りたい!

のであれば下記2冊の書籍がおすすめです。

 

このサイトでもよくご紹介する「もっと知りたい」シリーズから酒井抱一本が出ています。

図版多め、解説文はやさしい。

挫折せずに知識を増やせる良書です。

 

もう少し予算があれば「別冊太陽」がおすすめです。

created by Rinker
¥2,484 (2019/08/19 20:02:02時点 Amazon調べ-詳細)

ボリューム満点、図版は大きく解説も充実。

酒井抱一をガッツリ楽しみたいのでしたらこちらの方がいいかと思います。

 

 

スポンサーリンク

まとめ 酒井抱一は光琳オタクの放蕩次男坊

 

光琳オタクの放蕩次男坊、というと聞こえが悪いでしょうか。

ですが、光琳を熱心に研究し、描画では繊細を心尽くし、当時の粋な文化を取り入れられたからこそ、歴史に残るような作品や記録が生まれたのです。

 

その熱意に乾杯!

 

以上、最後までお付き合いいただきありがとうございました♪

記事の更新情報をTwitterでお知らせしています

-美術史知識
-,

Copyright© ぷらりあーと , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.