企画展

奈良駅周辺にある博物館や美術館、宝物館をまとめてみました

投稿日:

かつて都として繁栄した奈良は、古くから伝えられてきた品が数多く現在でも残っています。

秘宝となって一般公開されていないものもありますが、公開されているものもあります。

 

公開の場となっているのが、博物館や美術館、あるいは寺社が独自に設けた展示施設。

この記事では、近鉄奈良駅周辺にある博物館などの展示施設をご紹介します。

 

スポンサーリンク

奈良国立博物館

奈良公園に囲まれた、鹿が気ままに歩いているような場所にある博物館で、「なら仏像館」「青銅器館」「新館(東新館・西新館)」で構成されています。

近鉄奈良駅からは徒歩約15分。

JR奈良駅からは少々遠いので、市内循環バスを利用すると楽に行けるでしょう。

 

公式ホームページはこちら

https://www.narahaku.go.jp/index.html

ヘッダーの画像も素敵です。

 

なら仏像館

その名から想像される通り、ひたすら仏像が展示されている場所です。

 

 

国宝がごろごろ、重要文化財がずらずら、美仏がきらきら。

約100点がいつでもお目にかかれる、仏像が好きな方は絶対訪れるべきところです。

 

大きな仏像もありますが、個人的にはとても小さな仏像をいつもじっくり見てしまいます。

例えば「誕生釈迦仏立像」。

小さいながらもしっかりと存在感を放っています。

 

古い作品は素朴な表情がかわいくて、つい微笑んでしまいます。

(写真が掲載できないのが残念です……)

 

大きな仏像は、奈良各所にある寺院のお堂で見られますが、このような小さな仏像が見られるのは博物館ならでは。

じっくり鑑賞したければ、少なくとも1時間は確保したいところです。

 

青銅器館

なら仏像館から繋がっている、青銅器を展示している場所。

古美術商店の社長であった坂本五郎が寄贈した古代中国の青銅器が展示されています。

 

 

生活の中で使われたものから、祭祀に用いられたもの、副葬品と考えられるものなど、よくこれだけ集めたなあと感心してしまいます。

 

ひと部屋だけなので、ささっと見て歩くなら20分くらい見積もればよいかと思います。

 

新館(東新館・西新館)

新館は東西に分かれており、特別展が催されたり、頻繁に展示替えがされたりと、期間限定の展示会場といったところでしょう。

 

毎年秋に開催される「正倉院展」でもお馴染みの施設です。

 

正倉院展の会期中は無休で毎日開館したりと、その企画展によって開館日が違ったりもします。

行きたいな、と思ったら開館状況を確認しておきましょう。

 

スポンサーリンク

入江泰吉記念 奈良市写真美術館

新薬師寺入り口からくるりと回った場所にあるのがこの美術館。

 

 

入江泰吉って誰?という方はこちらの記事をどうぞ。

 

 

ざっくりいうと、奈良を代表する写真家で、古式ゆかしき奈良の姿を写真で表現した人です。

 

美術館は場所が少々分かりづらいのですが、分からなくなりそうならとりあえず新薬師寺を目指しましょう。

そこからこの看板に従って進めば建物が見えてきます。

以前は入江泰吉の写真のみを展示していたようですが、今は半分のスペースにとどめ、もう半分は他の写真家の作品を展示しています。

 

先日初めて訪れて、ナマの入江作品を見たのですが、美しさや迫力は比べ物にならないくらいでした。

当然と言えば当然ですが。

 

美術館で興福寺の仏像作品を見た後、興福寺で被写体になっていた仏像を見たのですが、写真と実物からは全然違う印象を受けました。

同じ仏像でも見る人によって印象は違っていて、入江泰吉にはこんな風に見えていたんだと胸に刺さりました。

 

写真と被写体の両方を見ることで、新たな発見がある。

そんな奈良の楽しみ方もアリだなあ、と思いました。

 

所要時間は、じっくり鑑賞して1時間、といったところです。

 

 

周辺カフェ

余談ながら、このあたりは人が少ない割に素敵なカフェがたくさんあります。

 

私は「空気ケーキ」というお店で新栗のケーキをいただきました。

 

 

とっても美味しかったのですが、席はほぼ満員状態。

お茶の時間には行列ができる予感がしました。

 

 

 

 

写真美術館内にも併設カフェがあって、行った人によると美味しかったとのこと。

ここはあまり混んでいませんでしたよ。

 

美術館公式ホームページ

http://irietaikichi.jp/

 

空気ケーキ公式ホームページ

http://www.kuukicake.com/

トップ画面からしてオシャレ度高いです。

 

スポンサーリンク

興福寺国宝館

2018年1月1日にリニューアルオープンした国宝館。

興福寺が抱える仏像が展示されています。

 

 

阿修羅像、十大弟子など有名どころもたくさん。

2009年に東京国立博物館で開催された「国宝 阿修羅展」でお見かけしたかな?という作品もありました。

 

国内にある国宝の仏像の17%が興福寺に集まっているというから驚きです。

国宝だから美しい、というわけではないのですが、ひとつの指標にはなりますね。

 

そこまで大きくないので、30分か1時間あれば堪能できるでしょう。

 

 

公式ホームページ

http://www.kohfukuji.com/

 

スポンサーリンク

春日大社

奈良にあるのは寺院だけではありません。

神社もちゃんとありますよ!

 

なかでも春日大社は国宝殿をもっており、一般向けに宝物を公開しています。

 

 

私が行った時には「春日信仰の美しき世界―神々の物語と珠玉の名宝―」という展示があったのですが、1階の一番最初にある、神々が降り立った時を表現した作品が素敵でした。

水盤に水紋が広がる様子を見せることで、神々の降臨を幻想的に表現していました。

 

1階は写真撮影可能で、こんな大きな太鼓も撮影できます。

 

 

そこまで大きい建物ではないので、30分くらい見ればよいと思います。

 

 

公式ホームページ

http://www.kasugataisha.or.jp/index.html

 

 

以上、近鉄奈良駅周辺の博物館などをご紹介しました。

最後までお付き合いいただきありがとうございました♪

 

記事の更新情報をTwitterでお知らせしています

-企画展
-,

Copyright© ぷらりあーと , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.