作家

尾形光琳 琳派の基礎をつくり後世に大きな影響を与えた絵師をご紹介します

更新日:

 

1600年頃、俵屋宗達という人物が現れます。

独特の画風などが特徴的な琳派のはじまりとされる宗達。

尾形光琳宗達画に心惹かれて私淑し、現代まで受け継がれている琳派の画風を確立させました。

 

この記事では尾形光琳について、図版とともにご紹介します。

そもそも琳派とは?という疑問には別記事でお答えしているのでどうぞ。

 

スポンサーリンク

絵師になるまで

 

1658年、尾形光琳は京都の老舗呉服商に次男として生まれました。

実家の商売は繁盛しており、豊かで不自由のない幼少期を過ごしたと考えられています。

 

しかし1678年、光琳が21歳頃の時、徳川秀忠の娘・東福門院という最大の顧客が逝去し、家業は大打撃を受けてしまいます。

この頃から尾形家の家業は衰退を始めます。

 

1687年、光琳が30歳の時には父も亡くなり、生活のために何とかして稼がなければならない状況に陥ります。

 

光琳が選んだのは、絵師でした。

30代も後半という、絵師としては少々遅めの始まりでした。

 

 

スポンサーリンク

宗達に私淑する

 

江戸時代の画壇における一大流派は、幕府の御用絵師でもあった狩野派でした。

 

狩野安信
松竹に群鶴図屏風(左隻部分)

 

光琳も狩野派を学び、狩野派風の山水画などを制作します。

 

一方で、町絵師であった俵屋宗達の画風にも惹かれていきます

 

俵屋宗達
風人雷神図屏風

 

俵屋宗達の生没年は現在分かっていませんが、宗達の晩年頃に光琳が生まれたのではないかと考えられています。

 

宗達は金銀を用いた華やかで優美で装飾的な作品を残し、裕福な町人らの人気の的となっていました。

裕福な町人の家に生まれ育った光琳は、自然と宗達作品に触れ、その魅力的な画風に惹かれることとなります

 

 

スポンサーリンク

江戸に移る

 

1701年、44歳の時、「法橋」の位を受けます。

これは本来医者や仏師に贈られる位で、町絵師が受けるのは稀でした。

 

40代の光琳の画業は充実しており、京都の公家に出入りしては注文を受ける生活を送っていました。

 

この頃に制作されたのが、後々琳派の共通の画題となる「燕子花図」です。

 

燕子花図屏風

 

いかにも琳派!な名作ですね。

 

このように画業においては活躍が見られる光琳ですが、経済的には困窮していたようです。

光琳にとって、中村内蔵助という経済的に光琳を支えていた人物が江戸へ旅立つという話は、ショッキングだったでしょう。

1704年、光琳47歳、内蔵助を追うようにして江戸へ行くことになりました。

 

江戸では大名家とつながりを持ち、多くの注文を受けることになりますが、江戸の居心地はあまり良くなかったようです。

京都の知人に手紙で「京都に帰りたい」とこぼしている記録があるくらいなので、よほど合わなかったのでしょうね。

 

とはいえ、江戸での画業は決して悪いことばかりではありませんでした。

 

何と言っても花のお江戸

狩野派の教材や浮世絵、名だたる絵師の作品群に直接触れ、学び、自分の画風に反映させることができたのです。

 

また、窮屈だった大名家とのお付き合いも、晩年の大作の注文につながりました

 

光琳派京へ戻ったり江戸に行ったりを何度か繰り返すのですが、結局最終的には京都に戻ることになります。

最後に京都に戻ったのが1709年、光琳が52歳の時でした。

 

 

スポンサーリンク

晩年の充実した作品群

 

晩年の光琳の画業において、苦しかった江戸での生活で築いた大名家とのつながりが生きてきます。

 

大名から屏風絵などの大作の注文を受けて描く。

そうして生まれた数々の作品は現存する光琳の大作のほとんどを占めるほど素晴らしいものでした。

 

たとえば、宗達に学び制作した「風人雷神図屏風」

風人雷神図屏風

 

燕子花を再びモティーフとした「八橋図屏風」

八橋図屏風

 

没骨法(輪郭線を用いない描法)やたらしこみ(にじみの表現手法)などの技巧を凝らした「紅白梅図屏風」

紅白梅図屏風

 

などなどなど、数えていてはきりがありません。

 

また、弟・尾形乾山の陶器への絵付けもこの時期頻繁に行いました。

色絵龍田川文向付

 

猛烈に名作を生み出していた光琳ですが、1716年、突然亡くなってしまいます。

享年59歳。

まだまだ活躍できたであろう年でした。

 

 

スポンサーリンク

酒井抱一による継承

 

光琳は宗達に学び、直接の師弟関係はなかったものの大きな影響を受けました

それは今日、「琳派」と呼ばれる系譜の始まりでした。

 

数々の絵師が光琳の影響を受けた作品を制作しますが、その作家群をひとつにまとめ上げたのが酒井抱一

 

酒井抱一
十二ヶ月花鳥図(9月)

 

酒井抱一は1761年江戸に生まれた絵師であり、時代を超え地域も超えて、光琳を熱烈に慕うことになります。

 

「緒方流略印譜」においては光琳風画家の名をリストアップし、落款や略歴をまとめて出版。

更に「光琳百回忌」にては数々の文化人らを招待し、個人が開いた初の作品展ともいうべき一大イベントを催します。

 

もちろん、絵師として自ら光琳風の作品を制作し、風人雷神図などの画題を継承したことは言うまでもありません。

 

酒井抱一
風人雷神図屏風

 

抱一の次は鈴木其一、と画風は脈々と受け継がれ、俵屋宗達から今日にまで繋がる「琳派」が形成されていくのです。

 

 

スポンサーリンク

資料の継承

 

光琳に関する資料は多数今日まで受け継がれています。

同じ町絵師であった俵屋宗達が生没年すら分からないのとは対照的ですね。

 

光琳資料の継承には小西家の人々が深く関わっています。

 

小西家は、光琳の息子の寿市郎が養子としていった家。

光琳は息子寿市郎に画稿や下絵などの膨大な資料を預け小西家の人々が代々それを大切に受け継いだため、今日まで残ることとなったのです。

 

1915年、それら光琳に関する資料は美術史研究者に知られることとなり、光琳の画業が詳細に研究できるようになりました。

今のように光琳の軌跡を私たちが知ることができるのは、小西家の方々が資料を大切に守ってくれたからなのですね。

 

 

スポンサーリンク

まとめ 特に晩年に大作を手掛け、琳派を継承した人物でした

 

光琳の作品は、過去の人物・俵屋宗達の作品を生かし、未来に繋げたものでした。

光琳の「琳」が「琳派」の名前に入っているほど重要だったのです。

 

以上、最後までお付き合いいただきありがとうございました♪

 

関連記事・書籍

 

 

 

記事の更新情報をTwitterでお知らせしています

-作家
-,

Copyright© ぷらりあーと , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.