木版画

小林清親 最後の浮世絵師、明治の広重と呼ばれた絵師の描いた風景木版画

投稿日:

 

小林清親(1847~1915年)は、幕末から大正にかけて活躍した木版画の絵師です。

清親は「光線画」という独自の光の表現を生み出したことで有名な、「最後の浮世絵師」、「明治の広重」と呼ばれた人でした。

 

動乱の世に生き、西洋文化の波を受け、試行錯誤の上に独自の作品を生み出した絵師、小林清親。

この記事では、主に風景木版画に焦点をあてて、清親の奥深さをお伝えします。

 

スポンサーリンク

代表作のご紹介

 

まずは代表作を9点ご紹介します。

清親の作風を、ご自身の目で感じてみてください。

 

1880年
大川岸一之橋遠景

1881年
新橋ステンション

1879~1881年
カンバスに猫

1879年
高輪半町朧月景

1879年
川口鍋釜製造図

1877~1881
猫に提燈

1876年
海運橋(第一銀行雪中)

1879年
川崎月海

1879年
品川海上眺望図

 

いかがでしょう。

江戸時代の日本画や伝統木版画とは一味違う画風が感じられますね。

 

 

生涯略歴

 

武家の子として

 

小林清親は1847年、幕末の江戸に生まれました。

武家に生まれた清親は、御家人の子として武士として生きることを運命づけられていたように思われていました

そのため、若き清親は剣術の稽古に励み、15歳で家督を継ぎます。

1868年、明治元年には、将軍徳川家茂に従って伏見の戦いにも参加しました。

 

そんな清親を待ち受けていたのは江戸幕府の崩壊でした。

武士は皆、失職。

清親も、生計を立てる手段を新しく見つけなければなりませんでした。

 

清親が選択したのは、絵師でした。

 

 

木版画絵師を目指し学ぶ

 

清親はまず、写真を学びます。

次に油絵、そして日本画

様々な技法を学んだ末、清親が選んだのは木版画でした。

 

当時の木版画は、浮世絵と同じ体制でつくられていました。

つまり、プロデューサー版元と、下絵を作る絵師、そして彫師摺師ら職人が、共同で1つの作品を作る体制です。

清親はその中で、絵師として携わるようになりました。

 

 

光線画の発表

 

30歳になった清親は、木版画絵師として、新しい木版画作品を世に送り出します。

陰影を繊細に表現し、西洋画のような雰囲気ももつ風景画は「光線画(後述)」という名を付けられます。

 

通常の浮世絵がせいぜい十数色で摺られたのに対し、清親の作品は30色を超えることもありました。

共同者たちにとっては涙の出るような数字です。

しかしこれが、清親の優れた画風を見事に表現できるようにしたのです。

 

1881年
新橋ステンション

 

 

様々な形で作品を制作

 

小林清親には「江戸の風景画を描いた人」というイメージがあるかもしれません。

ですが、風刺画肉筆浮世絵戦争画雑誌の挿絵など、幅広く活動しています。

1894年からは「清親画塾」を開き、教鞭をとってもいます。

 

晩年にはリウマチにかかってしまい、これが原因で1915年に逝去します。

 

 

光線画

 

光線画(こうせんが)は、清親が生み出した繊細な光と影の表現の特徴をそなえた新しい絵画です。

明治の文明開化で広まったガス灯の光が線のようであったため、光線画、と名付けられました。

 

清親の作品の魅力は、構図、色合い、などなど挙げればきりがありません。

ですが、光と影の繊細な表現には突出した新しさがありました

 

たとえば、同じ風景画でも、広重はこう描きます。

 

1856年
猿若町夜の景 歌川広重

 

対して清親はこう。

 

1879年
川崎月海

 

陰影の細やかさが違いますね。

 

 

輪郭線がない

 

清親の作品には輪郭線がありません

従来の浮世絵からは考えられない驚異的なことです。

 

輪郭線がないことが驚きである。

これは浮世絵の制作スタイルに関係しています。

 

伝統的な浮世絵は、校合摺り(きょうごうずり)という手法をとっています。

まずは、輪郭線となる主版(おもはん)を彫り、完成したら摺ります。

そして、主版で摺られた輪郭線をもとにして色版を彫ります

 

この校合摺りでは、ひとつの主版からできる全くもって同じ線をもとにして色版を作るので、狙った位置に正確に色をのせることができるのです。

 

江戸時代の浮世絵には、輪郭線が必要でした。

輪郭線が命運を握っているといっても過言ではないくらいです。

清親は、輪郭線に縛られた浮世絵からの脱出を試みたのです。

 

1880年
大川岸一之橋遠景

 

 

彫師と摺師を泣かせた超絶技巧

 

風景画ではありませんが、「猫と提燈」という作品が分かりやすいのでピックアップします。

 

1877~1881
猫に提燈

 

西洋の油絵のような感触が伝わってくる作品ですが、その裏には、彫師や摺師を泣かせた超絶技巧があるのです。

 

よく見てみましょう。

「猫と提燈」は、なんと、無数の点描で構成されているのです。

 

たとえば、猫のひげ

 

 

あるいは、提燈の影

 

 

そして、背景にまで。

 

 

うわあ、と声をあげてしまうどころか、ゾッとして凍り付いてしまいます……

 

なぜ清親は、無数の点で描いたのか

清親の念頭に、伝統的な木版画で西洋に負けない新しい絵画を作りたい!という意志があったからです。

 

伝統木版画では、線が命。

作品の生死は線が握っています。

 

清親は線を壊しました。

線ではなく、点や面で画面を構成し、もっと開放的な木版画作品を目指したのです。

 

「猫と提燈」では新しい試みの一環として、油絵風のタッチを木版画で再現するということがなされました。

極めて高い日本の木版画の技術をもって、西洋画風の作品を作る。

それこそが、清親が目指した西洋画に負けない木版画制作のひとつだったのです。

 

それにしても、この細かさ!

頭がクラクラしてしまいます。

 

これを彫って摺った職人にも敬意を表しなければなりませんね。

 

 

まとめ 最後の浮世絵師は、新しい版表現を試みた人でした

 

幕末から大正という動乱期に生きた清親。

木版画の極限を目指し、新しい絵画表現を試みて、伝統に縛られない絵画の世界を切り開いた人だったといえるでしょう。

 

以上、最後までお付き合いいただきありがとうございました♪

 

★関連記事★

 

 

スポンサーリンク

-木版画
-, , ,

Copyright© ぷらりあーと , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.