制作のコツ

木版画の作り方 カーボン紙を使わず正確・簡単に版下絵を版木に転写しよう

投稿日:

 

楽しい楽しい木版画。

版木に向かっていると、全て忘れて癒されますよね。

 

ですが、心躍る木版画制作の中では私が嫌いな工程がありました。

下絵を版木に転写する工程です。

 

カーボン紙を版木と下絵の間に挟んで、線を上からなぞって転写する、のですが、ズレやすいし細かい線はボケるし、まあなんともストレスフル

そもそも転写用に左右反転させた下絵を用意するのも若干面倒ですよね。

 

もっと良い方法は無いものかと悩んでおりました。

 

そんなある日、私は出会ったのです。

版画ライフに革命を起こす紙に……

 

この記事では、カーボン紙を使わないで、カーボン紙よりも遥かに正確で簡単に下絵を転写する方法をご紹介します。

これを一度使ったら戻れません。

 

スポンサーリンク

奇跡を起こす紙

ではさっそくご登場いただきます。

 

その名も

版下紙

 

薄美濃紙厚手の紙を弱い糊で貼り合わせたこの紙を使うと、いとも簡単に下絵が転写できるのです。

 

 

スポンサーリンク

制作手順

では版下紙はどのようにして使うのでしょうか?

4ステップを解説します。

 

1 下絵を用意する

必要なのは色と色との境界線がはっきりわかる図です。

何色にしようかまだ決まっていなくてもOK。

色の変わり目を細い線で印した下絵を用意します。

 

下絵の色が濃すぎる場合、後で苦労します。

ちょっと面倒ですが、一旦薄くしてから細いペンでなぞって色の境界を書き込みましょう。

たとえばこちらの絵。

色が濃すぎるので、薄くしてから境界線を描きましょう。

 

そしてあくまでも書き込むのは色の境界線。

なので、このウサギだったらピンクと地の白の境界線を足す必要がありますね。

 

ここで注意。

左右反転させる必要はありません。

そのままでいきます。

 

2 用意した下絵を版下紙にコピー

お手持ちのプリンターでよいので、下絵を版下紙にコピーします。

線のキレが気になるのであればキンコーズなどのコピーサービスを使っても大丈夫。

 

印刷するのは薄美濃紙の面です。

 

3 糊で版下紙を版木に転写

ヤマト糊を版木にのせて指でのばし広げます。

created by Rinker
99
¥108 (2019/07/15 11:25:03時点 Amazon調べ-詳細)

均一にのばせたら、薄美濃紙の面が板に付くようにして貼り付けます。

 

4 厚紙をはがす

糊が乾いたら厚紙をはがします。

指を少しだけ湿らせて、薄美濃紙まではがれないように気を付けながらこするようにしてはがします。

薄美濃紙に印刷してある下絵がくっきりと見えるようになるはずです。

 

スポンサーリンク

メリット

 

版下紙を使うこの方法、メリットがたくさんあります。

3点とりあげてみましょう。

 

細かな線が正確に転写できる

カーボン紙では細かな線を転写するのが難しくありませんか?

版下紙では、かなり細かな部分まで正確に転写することができます

 

コツは色の境界線を際立たせること。

色の部分はできるだけ薄く、境界線は濃くしましょう。

 

全く同じ下絵が簡単に量産できる

版下紙を使えばプリンターやコピー機で全く同じ下絵を何枚も簡単に作れます

つまり、全ての版木に完全に同じ下絵が転写できるということです。

ズレが生じないので正確に版木を彫る土台ができるわけです。

 

デジタルの下絵もそのまま転写できる

個人的にはこれが結構大きなメリットかなと思います。

版下絵を使うとデジ絵で下絵を描きやすくなるのです。

 

PC用のイラストソフトでは「レイヤー機能」が大抵搭載されていますね。

メモ

レイヤー機能とは、一枚の絵をいくつもの層を重ねるようにして描く機能のこと

透明な板に色をのせて、重ねるイメージですね。

 

レイヤー機能を使えば色の境界線の層だけを印刷することができます。

デジタルデータがもとになっているので複数枚印刷も簡単ですね。

 

スポンサーリンク

どこで買えるの?

版下絵が買えるお店は木版画専門店ウッドライク・マツムラさんです。

 

公式通販サイト

ウッドライク・マツムラ https://wx30.wadax.ne.jp/~woodlike-co-jp/cart/

 

通販サイトでは「和紙・紙類関連」カテゴリの中の「転写紙」の中にあります。

木版画制作に関わる人ならたぶんご存知なくらい有名店なので安心ですよ。

 

スポンサーリンク

まとめ 版下紙があれば繊細な図案に挑戦できる

版下紙は使ってみると世界が変わります。

ぜひ一度使ってみてはいかがでしょう?

 

以上、最後までお読みいただきありがとうございました♪

 

記事の更新情報をTwitterでお知らせしています

-制作のコツ
-,

Copyright© ぷらりあーと , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.